ごあいさつ


フライフィッシングに熱中する人たちはどちらかと言うと理論派、悪く言えば理屈の好きな人が多いそうです。パズルのように組み立てて魚を攻略していく醍醐味はまさに理屈を組み立てて遊んでいるように思えます。沢山釣ることや大きな魚を釣り上げることも楽しみの一つですがそれぞれのフライフィッシャーの中には納得の行く一匹というのがあります。その日に1匹しか釣れなくても満たされた気持ちで釣り場を後にすることも少なくないでしょう。

フライタイイングはフライフィッシングの楽しみの1つです。でも、忙しい日常でフライを巻く時間が無いがために釣りに行けなかったり、行ったものの欲しいフライがボックスに入っていないなんていうことはなかったでしょうか?フライは魚との対話のツールとして位置づけて考えることもできます。でも、そのツールを作る時間が無かったりビギナーの方であれば教えてくれる人がいなくてうまく作ることが出来なかったりする とちょっと寂しいものです。

その隙間とでもいうフライを変わってお作りしたいと考えています。中心となるフライはドライフライですがいろいろな種類を展開していきますので御ひいきにして頂ければ幸いです。